ゴルフをやる方にとっては、ゴルフクラブ選びはとても大事になりますが、実際に触れてみないことには、わからないことはたくさんあります。ゴルフクラブを選ぶときは、ご自身の目でみて、実際に触れて購入された方が良いでしょう。

そうしないと、後で後悔してしまうかもしれません。

クラブの重要な部分であるシャフトには、大きく分けて2種類あります。

1つはスチールシャフト、もう1つはカーボンシャフトです。

スチールシャフトは、スチールでできているので、特徴としては比較的硬めで、重いということです。

こちらは、どちらかといえばヘッドスピードの早い方に向いているといわれています。

硬いので、しなりが少なくゴルフボールに当たった時のブレが少ないです。

それに対して、カーボンシャフトはスチールに比べると、比較的やわらかく、重さも軽くできています。



軽いということは、スイングはとてもやりやすいのですが、カーボンの場合、多少のブレが生じてしまうというデメリットが少なくともあります。
しかし、カーボンの良いところは、軽さですから、傾向からいうと、ゴルフを始めたばかりの初心者の方には扱いやすいでしょう。

まったく新しいYahoo!知恵袋に関する詳細はこちらです。

軽い分、スイングもしやすいでし、扱いやすさでは、カーボンの方が上ではないでしょうか。
カーボンはゴルフクラブの中でも、よりいっそう飛距離を出したいときに使うクラブに使われることが多いです。

ゴルフクラブのシャフト情報が様々な条件で検索可能です。

例えば、ドライバーや、フェアウェイウッドに使われていることが最近は多い傾向にあります。

Copyright (C) 2016 ゴルフクラブのシャフトは大きく分けて2種類 All Rights Reserved.